COSMO 株式会社コスモデンタル
お問い合せ HOME
PRODUCTS
会社情報
採用情報
アクセス
リンク
Q&A
コスモクリーンO3
コスモアイキュア
アクセサリー
メンテナンス
テクニック集
 
 
 
 
 
 
 
生体の電気抵抗の相違を応用した方法  ● 目的・・感染根管壁の滅菌処理

根管内洗浄後、濡れている状態の根壁に
ファイルを当てて通電。

根管内の水分量は根壁だけが濡れている程度が理想です。
(多すぎると効率が悪くなります)

根管口上部・中間・根尖部へ
25w1.0秒〜1.5秒で各1回通電。

痛みは弛緩の度合いや個人で差がありますが、
浸麻をされない場合は0.5秒で通電の回数を増やします

 

 
 テクニック集一覧に戻る
 資料協力:高周波治療研究会
 
 
 

Copyright ©2005 COSMO DENTAL CORP.All right reserved.