COSMO 株式会社コスモデンタル
お問い合せ HOME
PRODUCTS
会社情報
採用情報
アクセス
リンク
Q&A
コスモクリーンO3
コスモアイキュア
アクセサリー
メンテナンス
テクニック集
 
 
 
 
 
 
 
   
  はじめに

 高周波電流を利用して歯科治療に応用されたのは1930年代と言われています。わが国でも1940年代後半より取り入れられ始めました。初めは増殖歯肉の切開、切除に用いられ止血効果の高いことが重宝されまして歯科界でも急速に普及してきました。
 この高周波電流を歯内療法(根管治療)に応用する機器「抜髄器」が1980年(昭和55年)潟Rスモデンタル社にて開発され、市販が開始されました。本器は従来の通称「電気メス」を根管内の軟組織(罹患した歯髄)を焼灼固定することにより抜髄を簡単、確実に根尖部の滅菌を最終目的とし、予後不良を回避することを目標として開発されました。しかし通常の電気メスでは根管歯髄のみならず歯牙周辺組織(歯根膜等へ)の危害は避けられないものでした。そこで潟Rスモデンタルでは電力量を少なくして浸透力を強くする波形を作り、尚且つ出力を加減するタイマーを装備して安全性を重視した器械を完成させました。これによって根管治療を簡単、確実に、患者に負担をかけない、難治性と呼ばれる感染根管等に対しても、予後不良の少ない処置法となりました。そしてまた1990年ころより歯周病の治療に応用できる機器にバージョンアップしました。これで歯科の二大疾病でありますウ蝕(根管治療)と歯周疾患(歯周病治療)に対応出来るようになりました。
 また、昨年2月歯科界としては初めてと言っても過言では有りませんが、この高周波治療器を非接触で口腔内外の痛みに対して照射して疼痛の緩和が図れることが発見されました。
 今回のセミナーでは高周波の基本を知って頂くために高周波メスの原理から治療まで、また非接触照射法を出来るだけ詳しくお話したいと思います。
 ついでに歯科界におきましては質の良い超音波の必要が高まって参りました。
超音波についても一部触れておきたいと思います。
 
   1.)基本原理
 2.)接地(アース)
 3.)切開と凝固
 4.)生体の神経筋に対する影響
 5.)高周波電流通電時の痛みについて
 6.)骨の再生について
 

 4.)生体の神経筋に対する影響

 一般的には生体の神経や筋肉に交流電流が流れると、組織が刺激され細動が生じる。これが心筋で起こると、通常の収縮周期が乱され、生体は危険な状態に晒されることになる。(電気メスは心臓ペースメーカーを埋設している患者には一般に禁忌としています。)
 電気メスは生体を負荷として生体に電流を流しているので、この危険が起こり得ると考えられます。がこの問題は、生体に流す電流の周波数を高くすることで解消できます。  一般に筋肉が細動を起こすのに必要な電流は周波数が高ければ高いほど大きな値となることが知られています。つまり周波数が高くなると、電撃による心室・心房細動を起こすことなく、大きな電流を生体に流すことが出来ると言うことになります。このことから電気メスに使用される主要搬送周波数は300Khz以上が用いられます。因みにコスモキュアの主要搬送周波数は510Khzであります。(電気メスの周波数の下限はJISで規定しています)またコスモキュアでは高電圧(搬送波の電圧範囲)のパルスを用いてメス先電極にシャワー状のアーク放電を発生させ(スプレー凝固ともいう)、広範囲な血液の滲出などに対して迅速な止血が行われるようになっています。コスモキュアはこのことによって切れ味のよさと止血効果を(逆の要素)同時に高めています
前述の凝固用波形(トーンバースト波)においてもコスモキュアでは出力時間を0.1~2秒間(0.1秒ステップで)制限できるようになっています。そのうえに0、1秒間に約10回程のパルスを起てて凝固、止血効果を高めています。

   
   5.)高周波電流通電時の痛みについて

 麻酔をして通電すべきか否か?よく質問を受けます。痛みの表現ほど個人差のあるものはありません。切開でも簡単な瞬時に終われるような場合、麻酔をせずに使用される術者もいます。また20W以上で1秒以上使用するとき、(抜髄等)は麻酔が必要と思われます。P処置時コスモキュアの設定は7W/0.2secとなっています(標準)。この値は通常麻酔なしで患者が使用に耐えうる設定となっています。ポケットの深さが4mm以上の場合初診では殆どの場合無麻酔で通電可能です。これは不良肉芽との関係が大きいようです。不良肉芽が多い場合あまり痛みは感じないようです。高周波電流の通電によりポケット内が無菌化され組織が正常化すると7W/0.2secの通電でも痛みを訴える患者はいるようです。このときタイマーは(S)0.1秒に下げて通電されることをお勧めします。これでも痛がるようでしたら直接法による通電は必要ないのかもしれません。むしろ非接触法をお勧めします。以上のことよりP処置においては処置時の疼痛を観測することにより、歯周病の治癒の状態を診ることができます。前回通電の時より次回通電時の方が痛みが増すことがよくあります。これは組織が正常化してきたと判断できると思われます。故にこの後はコツの再生が絶対条件となってきます。
   
 

Copyright ©2005 COSMO DENTAL CORP.All right reserved.