COSMO 株式会社コスモデンタル
お問い合せ HOME
PRODUCTS
会社情報
採用情報
アクセス
リンク
Q&A
コスモクリーンO3
コスモアイキュア
アクセサリー
メンテナンス
テクニック集
 
 
 
 
 
 
 
   
  はじめに

 高周波電流を利用して歯科治療に応用されたのは1930年代と言われています。わが国でも1940年代後半より取り入れられ始めました。初めは増殖歯肉の切開、切除に用いられ止血効果の高いことが重宝されまして歯科界でも急速に普及してきました。
 この高周波電流を歯内療法(根管治療)に応用する機器「抜髄器」が1980年(昭和55年)潟Rスモデンタル社にて開発され、市販が開始されました。本器は従来の通称「電気メス」を根管内の軟組織(罹患した歯髄)を焼灼固定することにより抜髄を簡単、確実に根尖部の滅菌を最終目的とし、予後不良を回避することを目標として開発されました。しかし通常の電気メスでは根管歯髄のみならず歯牙周辺組織(歯根膜等へ)の危害は避けられないものでした。そこで潟Rスモデンタルでは電力量を少なくして浸透力を強くする波形を作り、尚且つ出力を加減するタイマーを装備して安全性を重視した器械を完成させました。これによって根管治療を簡単、確実に、患者に負担をかけない、難治性と呼ばれる感染根管等に対しても、予後不良の少ない処置法となりました。そしてまた1990年ころより歯周病の治療に応用できる機器にバージョンアップしました。これで歯科の二大疾病でありますウ蝕(根管治療)と歯周疾患(歯周病治療)に対応出来るようになりました。
 また、昨年2月歯科界としては初めてと言っても過言では有りませんが、この高周波治療器を非接触で口腔内外の痛みに対して照射して疼痛の緩和が図れることが発見されました。
 今回のセミナーでは高周波の基本を知って頂くために高周波メスの原理から治療まで、また非接触照射法を出来るだけ詳しくお話したいと思います。
 ついでに歯科界におきましては質の良い超音波の必要が高まって参りました。
超音波についても一部触れておきたいと思います。
 
   1.)基本原理
 2.)接地(アース)
 3.)切開と凝固
 4.)生体の神経筋に対する影響
 5.)高周波電流通電時の痛みについて
 6.)骨の再生について
 

 6.)骨の再生について

 そこで歯周病とコツとの関係で大阪大学大学院歯学研究科生化学教室教授 米田俊之先生の「骨のバイオサイエンス」羊土社刊を御紹介したいと思います。
『骨の病気と治療のこれから「歯周病」(意外と見過ごされている歯周病)"骨が主体の病気で、頻度もかなり高いにもかかわらず意外と見過ごされているのが歯周病、いわゆる歯槽膿漏です。"[歯周病は人類に普遍的に蔓延している疾患で、歯周病患者のいない国、地域はみつかっていない]といわれているほどです。WHOの口腔保険専門委員会の調査でも、35〜44歳の成人で歯周病に罹患していない健康者は5〜10%というデータが出ています。また1985年に米国でおこなわれた疫学的調査では、高齢者の女性では94%に何らかの形で歯周病が認められることが報告されています。そして日本では中学生に80%、大学生では95%以上が何らかの歯周病症状を持っている。との結果が得られています。このように頻度という点からみると、歯周病は骨粗鬆症よりもはるかに頻度が高い疾患であるということになります。にもかかわらず骨粗鬆症ほど注目されないのはなぜでしょうか?その理由として、歯周病に罹患しても骨粗鬆症ほどはQOLが低下しないこと、そして歯を失うことになっても入れ歯などで口腔機能がかなり回復できることが挙げられます。歯科医学が発達したために歯周病が忘れ去られつつあるというのは、大変皮肉なはなしです。そこで歯周病についての関心を呼び戻す意味も込めて、ここで取り上げることにしました。

(生体の過剰反応でおきる歯周病)
 歯槽膿漏は歯の病気であると思っておられる方がいるかもしれませんが、歯周病というのは歯の周りの歯肉と、歯を支える歯槽骨の病気です。歯周病は口腔内バクテリアが歯垢中で増殖し始めることによって発症します。         
歯周病の原因菌としては一般には次にあげられるような嫌気性菌でActinobacillusi、actinomycetemcomitans,porphy-nomonasgingivalsなどが知られています。これらの原因菌が、歯、そしてその周りの組織(歯周組織)で増殖し始めるとそれを抑えようとして生体の免疫細胞がその局所に浸潤し、炎症が惹起されます。初期の段階では炎症は歯肉に限局しますが、浮腫、腫脹、などにより歯牙への歯肉付着が失われ歯肉ポケットが形成されるようになると、その歯肉ポケットにさらにバクテリア、食物残渣などが貯留し炎症が一層拡大、進行します。この時生体の免疫細胞は防御反応の一環として、さまざまな因子を産出するのですが、しばしばその産出が過剰となり自分の組織を傷害してしまいます。このような因子の中にプロススタグランジンE2(PGE2)あるいはインターロイキン1(IL1)などがあり、結局これらの因子の過剰産生が歯槽骨を吸収し、歯牙が動揺し始め、最終的には歯牙が抜け落ちてしまうと考えられています。実際歯槽骨が吸収されている場合、歯肉ポケット中のPGE2,IL1の濃度が増加していることが示されている。
 歯周病の原因は口腔内に存在するバクテリアなので、それを除くことが治療になるのですが、生理的に必要な常在菌などもいるので完全に除くことはできません。したがって、歯周病治療の基本は、発症メカニズムからも容易に想像できるように、バクテリアが繁殖する歯垢をブラッシング、スケーリングなどの機械的操作によってできるだけ除き、バクテリアが増殖できるような環境をつくらないようにすることです。これはすでに歯周病にかかっている場合でも、有効な治療法です。しかし、それ以外に薬物的治療も行うことができればより効果的であることはいうまでもありません。PGE2歯周病の主要な原因であることはビーグル犬やサルを使った歯周病モデルからも明らかにされています。ビーグル犬は歯の清掃をきちんとしてやらないと歯垢、歯石がたまり、歯肉ポケットが形成され、最後には歯周病を示して歯が抜け落ちるという動物で、歯周病動物モデルとして大変有用です。

 
このようなビーグル犬モデルにおいて、PG合成阻害剤が骨吸収を有意に抑制することが示されています。また臨床的にもPG合成阻害剤が有意に歯周病の進行を抑制することが示されています。歯槽骨の吸収も破骨細胞による骨吸収の亢進が原因です。したがってビスホスホネートが効果を示すと予想されます。実際にビーグル犬、サルを使った動物モデル、そして例外は多くはありませんがヒトにおいても、ビスホスホネート投与により歯槽骨の吸収が抑制される例が示されています。またRANKLも歯槽骨吸収に関与していることが示されていますので、OPGが効果を示すと予想されます。』

食べかすが歯に付着したままのこると、そこに口腔内細菌が集まりプラークを形成します。そのバクテリアを殺すために免疫細胞が集まってきてさまざまなサイトカインを放出します。ところがしばしば過剰にサイトカインを放出するため自分の組織にダメージを与えます。過剰に産生されたサイトカインは破骨細胞の形成を高め、一方骨芽細胞の形成を抑えます。その結果、骨は吸収されます。そうなると歯が動揺し最終的には抜け落ちます。これが歯槽膿漏の病態です。
   
 

Copyright ©2005 COSMO DENTAL CORP.All right reserved.